皓洋窯(こうようがま)

あたたかさを感じる染付と個性豊かな手捻りの和食器をつくる窯元・皓洋窯(こうようがま)

佐賀県西松浦郡有田町桑古場乙2380-1番地
Tel : 0955-42-2762 Fax : 0955-42-2761
Mail : info@kouyougama.co.jp
皓洋窯トップページ   皓洋窯 商品案内   皓洋窯 会社案内   皓洋窯のやきもの   皓洋窯からのお知らせ
皓洋窯
皓洋窯トップページ
皓洋窯からのお知らせ

2018年(1月〜12月)

2017年(1月〜12月)

2016年(1月〜12月)

2015年(1月〜12月)

2014年(1月〜12月)

2013年(1月〜12月)

2012年(1月〜12月)

2011年(4月〜12月)

 
〜師走になりました〜
一年早いもので、2012年も残りわずかとなりました。
新作の急須・ポットや来年の新春展示会に向けての商品作りに励んでおります。
また来年2月4日から行われる東京ドームテーブルウェアーフェスティバルにも商品を
出展していただく予定となっておりますので、そちらの商品作りも進めております。

皆様には、日頃より皓洋窯をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
今年一年間をしっかりと振り返り、来年は今以上に気を引締めて商品の向上に努めて
いきたいと思っております。また、皓洋窯の思いである“生活空間へ自然にとけこみ、
どこか「ほっと」気持ちがなごむあたたかい器づくり”を続けていきたいと思います。

皆様健康でよいお年を迎え下さいませ。2013年もよろしくお願い申し上げます。

(2012.12.18)
アリタマルシェ・秋の窯元市のお礼
12月に入り一段と寒さが増し、頬にあたる冷たい風がより冬らしさを感じます。
今年、初めての試みとなりました陶山神社での“アリタマルシェ”も無事に終えることが出来ました。窯元市と同じく、このアリタマルシェにもお越しいただきましてありがとうございました。「秋の陶磁器まつり」期間中ということもあり、町の通り沿いから近い陶山神社にもたくさんの方が足を運んでくださり器と食、音楽など楽しいコラボレーションイベントとして賑わいました。
また、この期間中の陶山神社は紅葉が見ごろで、秋らしい景色の中で楽しい時間を過ごしました。鳥居の横の線路を走る電車。雑貨屋さん風に特別にデザインしたマグカップやディスプレー。
地面には紅葉の葉が落ちていたりと有田らしい自然や風景との空間はお客様にもとても喜んでいただきました。
 
 
また、皓洋窯の工房でおこなった窯元市の方にもお越しいただき誠にありがとうございました。
こちらは通りより離れておりますが、お立ち寄りいただき本当に感謝いたしております。

来年も春・秋の陶器市を行いますので、皆さまが楽しい食卓を囲める、あたたかくて愛着が湧くような器が出来るように努めてまいります。

(2012.12.18)

 
〜ふくや大宰府店のご案内〜
11月27日にリニューアルオープンされた明太子「ふくや」の大宰府店様。
新しく設けられたイートインスペースではお茶漬けやカフェインレスのコーヒーなどがいただけます。
今回、このお茶漬けセットなどに皓洋窯の器を使用していただきました!取引先である藍土様経由で実現しましたが、このようにお料理がのっている広告を見せていただき、とても感動!
ぜひこのホームページでもご紹介したく、今回掲載させていただきました。
(右の写真はふくや様の広告の一部です)

授乳室なども用意され、女性の方やお子さま連れもゆったりと店内を楽しめるようですので、皆さまもお近くにお越しの際にはぜひ、「ふくや 大宰府店」様へお立ち寄りくださいませ。

(2012.12.18)

■ふくや 大宰府店 様
〒818-0117 福岡県太宰府市宰府3-2-47
TEL:092-929-2981/ FAX:092-924-2989
営業時間:9:00〜17:30

○西鉄大牟田線・太宰府駅下車 参道内徒歩3分
※駐車場はございません 詳しくは→コチラ

〜秋の有田窯元市のご案内〜
街中の木々も色づきすっかり秋らしくなり、黄金色に輝くいちょうの並木道が一段と秋を感じさせてくれ、有田の町も少しずつ秋の陶磁器まつりに向けて準備が始まっております。
いよいよ来週は、今年で17回目となる「秋の有田窯元市」。
皓洋窯では、11月23日(金・祝)〜25日(日)の3日間、開催いたします。
新作商品を始め、手捻り商品やお買い得商品を取り揃えておりますので、
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
また、期間中にお買いをされた方に、来年の「干支の手塩皿」をプレゼント致します。
( 2012.11.15)
第17回 「秋の有田窯元市」
■2012 年11 月23 日( 金・祝)
〜 11 月25 日(日)

皓洋窯自社ギャラリー
「ぬくもりの藍の器」皓洋窯展
〜アリタマルシェのご案内〜
有田の陶山神社にて11月23日(金・祝)24日(土)の2日間「アリタマルシェ」というイベントを開催され、このイベントに皓洋窯も出展いたします。
アリタマルシェは有田の窯元・焼物以外にも、雑貨や野菜の販売、Cafe の出展があり、その他ライブイベントも行われる予定です。
皓洋窯では、小物と中心とした器を準備しています。
窯元市グループによる、器・食(food・drink)・音楽を融合させた初めてのイベント。
入場は無料となっておりますので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
( 2012.11.15)
「アリタマルシェ」
■2012 年11 月23 日( 金・祝) 〜 11 月24 日( 土)
10:00 −17:00 (最終日16:00 まで) 入場無料!
会場 / 陶山神社 ※駐車場あり
(佐賀県西松浦郡有田町大樽2 丁目5−1)
詳しくは facebook 「アリタマルシェ」ページで!→→コチラ
〜新作急須・ポット〜
 山の木々も色づき始め、一日一日と秋の深まりを感じるようになりました。これから寒さに向いますます温かいものが恋しい季節となります。
 温かい緑茶や紅茶・ハーブティなどにぴったりの急須とポットを作りました。今回の製作にあたっては、同じ有田焼の金善窯さんとの共同企画になります。シャープな仕上がりの中にあるボディや持ち手の丸みが、可愛らしさと温かさをより引き立さてくれます。持ち手も持ち易く、中の口も広く仕上げております。同じ形でも、絵柄はお互いの窯元の特徴を生かしたデザインとなりました。
 毎日使うものだからこそ、使いやすく、どこか「ほっと」する器づくりを続けていきたいです。
(2012.10.26)
【皓洋窯】タンドリーチキン風カレー
〜秋刀魚〜
 日ごとに涼しくなり、虫の音色が秋らしさをより感じさせてくれます。
 秋といえばやっぱり食欲の秋です。秋らしい食材が少しずつお店にも並び、我が家も今が旬である生さんまと塩さんまをいただきました。さんまを焼いていると香ばしいにおいが家中に広がり、ますます食欲をかき立てられます。どちらのさんまも脂がのっていて、 美味しくいただきました。
 さんまをのせているお皿は、ずばり「さんま皿」です。さんまがお皿から飛び出すこともなく、安心して使える長皿です。天ぷらやおつまみ等の盛り合わせにもお使いいただけます。
その他、料理を盛り付けた小鉢や豆皿をお皿の上に置き前菜として、またマカロンなどのプチ菓子を置いてみたりと、多用途にお使いいただけます。
 これから、秋の美しい景色と美味しい食べ物を楽しみたいと思います。
(2012.09.24)
 
〜東京出張〜
先日、久しぶりに仕事を兼ねて東京へ行ってきました。日程は1泊2日の強行スケジュールとなりましたが、有意義な旅行となりました。
いろんなお店を巡り、また話題のスカイツリーまで見に行くことが出来ました。スカイツリーの高さには本当に驚かせられ、世界一のタワーの迫力を間近で感じました。
 インテリアショップ等のお店を巡りましたが、いろんなジャンルの商品がたくさんあり、どのお店も独自の特色を生かされとても参考になりました。普段の自然の中の静かな生活と違って、東京の活気といい刺激を受ける事ができました。
 また新たにリフレッシュした気持ちで、もの作りに励みたいと思います。
 
【皓洋窯】工場入口の葡萄収穫
(2012.09.24)
▲ページの先頭へ戻る
〜スパイシー料理〜
 強い夏の日差しと共に窯場の温度も上がり、セミが今日も元気に鳴り響いております。
暑い日は家へ帰るとビールでのどを潤し、香辛料の効いたスタミナのつく料理を食べたくなります。
夕食で作ったスパイシー料理をご紹介いたします。
 写真左は、本場インドのスパイスとヨーグルトに漬け込んだ鶏肉と市販のルーを混ぜ合わせ、タンドリーチキン風カレーです。風味もよく、スパイスを加えるだけでいつもと一味ちがいます。
お皿は楕円皿の大のサイズにカレーを、小のサイズにきゅうりとかにかまの和え物を盛り付け、野菜サラダにはそりボウルの大を使用しております。楕円皿は大・中・小・豆皿の4種類サイズがあり、どのサイズも多用途に使え、食器棚への収納も便利です。
 写真右のもう一品は、白いごはんがすすむ麻婆なすです。さっと炒めて大ボウルにざっくりと。
トマトのサラダは菊割の5寸皿に盛り付けました。白桃酒の水割りにもよく合います。
スタミナのある料理をしっかり食べて、まだまだ続く暑い夏を乗り切りたいです。
商品ラインナップに新しい商品を追加しましたので、ご覧ください。
(2012.08.21)
【皓洋窯】タンドリーチキン風カレー
 
【皓洋窯】麻婆なす
〜収穫〜
 お知らせでも先々月よりお伝えしていました、工場入り口の葡萄。先日、無事に収穫する事が出来ました。お店で購入する葡萄よりも甘味は少なかったのですが、自分たちで育てたこともあり、とても美味しくいただきました。使用しているお皿はリム多用鉢になります。いろんなフルーツを 取り合わせで盛る時にも便利です。これからますます葡萄や梨が美味しい季節となりますね。
(2012.08.21)
【皓洋窯】工場入口の葡萄
 
【皓洋窯】工場入口の葡萄収穫
▲ページの先頭へ戻る
【皓洋窯】夏の展示会
【皓洋窯】夏の展示会
 
【皓洋窯】夏の展示会
〜2012年夏の展示会〜
 九州も梅雨が明け、いよいよ夏本番です。

先日、恒例の業者様向けの展示会を行い、先月ご紹介しましたそりボウルをはじめ、
菊割のお皿やマグカップなど展示致しました。

この暑さで窯場の温度も上がり、早くも夏バテ気味となりそうですが、水分と栄養をしっかり摂って暑さに負けずに夏を乗り切りたいです。
(2012.07.27)
〜夏です〜
 今日は、母が育てているゴウヤと知人の方にトマトを頂きました。そこで夕食は、ゴーヤチャンプルとトマトのサラダを作りました。もぎたての野菜は新鮮で美味しくいただきました。
新作のそりボウルの大にゴーヤチャンプルを、中のサイズに有田名物のごどうふを、菊割豆皿に酢の物を盛り付けてみました。
そりボウルは、多用途に使え本当に便利です。
 
ゴーヤチャンプルとトマトサラダ
トマト
 
ゴーヤチャンプル
 先日お伝えしました葡萄の木ですが、実が色づき出しました。
食べごろまで、もう少しです。
(2012.07.27)
 
葡萄の木
▲ページの先頭へ戻る
新作・そりボウル
〜新作・そりボウル〜
 今回は朝食をテーマに新商品である“そりボウル”をご紹介したいと思います。
このボウルは、以前製造していた小鉢を元に、より軽くまたシャープに仕上げました。
また重なりもよく収納に優れ、使用頻度の多いサイズ感などを考えて作りました。
大きさは大・中・小の3種類あり、和食・洋食どちらにもお使いいただけます。
大のサイズはサラダ・煮物や取鉢などに、中のサイズは和え物・冷奴・山芋など小鉢や、ヨーグルトやその他デザートに、小のサイズはチョコレートやキャンディーなどちょっとしたお茶請けやおつまみ・お漬物・薬味など、どのサイズも様々な用途でお使いいただけます。
 料理は旬であるトマトを使ったリゾット、ポテトサラダ、こちらも旬であるさくらんぼをデザートにと、盛り付けてみました。
今の季節お店にはいろんな種類のトマトがどれも美味しそうに並び、また他の野菜や果物も彩り鮮やかに並んでいます。
 
新作・そりボウル
新作・そりボウル
 毎日食卓に並ぶ野菜や果物は輝き、藍色の器がさらに輝きを引き立たせてくれて、
食事を美味しくしてくれます。旬の美味しいものを食べ、栄養をしっかり摂って、
これから向かう暑い夏に備えたいと思います。
(2012.06.27)
〜水無月〜
梅雨に入り毎日しとしとと雨が降っています。
町中に咲いている鮮やかで彩り豊かな紫陽花が憂鬱な雨も楽しい気持ちにさせてくれます。
花びらのひとつひとつをよく見ると、
グラデーションとなり本当に綺麗で、
六月にぴったりの花だなと感じます。
 
水無月
水無月
 
水無月
 先日、とても嬉しいことがありました。
工場の入り口に植えている葡萄の木に初めて実がなりました。
このまま無事に色づいて、美味しく頂けたらと楽しみしています。
小さな楽しみを見つけてじめっとした気分を、楽しい気分に変えていきたいと思います。
(2012.06.27)
▲ページの先頭へ戻る
有田陶器市風景
〜陶器市のお礼〜
今年もたくさんの人で賑わいました有田陶器市も無事に終える事が出来ました。
お近くの方をはじめ、遠い所からもたくさんの方に陶器市にお越しいただき、たいへん嬉しく思っております。
陶器市特設会場となりました皓洋窯アウトレット店にもたくさんのお客様にご来店いただき、またお買い上げいただきました。本当にありがとうございました。

たくさんのお客様と接しまして、改めて今まで同様に「毎日の暮らしの器」というコンセプトを大事に作り続けたいと思いました。
現在新作も製作中ですので、夏らしい柄と合わせて近々ご紹介していきたいと思っております。
皓洋窯スタッフ一同
(2012.05.15)
 
有田陶器市風景
有田陶器市風景
▲ページの先頭へ戻る
〜有田陶器市2012のご案内〜
いよいよ間近に迫った有田陶器市。例年通り4月29日〜5月5日のゴールデンウィークに
やきものの町、有田にて開催されます。
毎年恒例となった皓洋窯陶器市特設会場(テント)では「アウトレットバザー」と題し、
新作やたくさんのお買い得品を取り揃えご用意。
また、セレクトショップ貴好人様では「ぬくもりある藍の風情〜皓洋窯 親子展〜」を行います。
この皓洋窯親子展ではシンプルでシャープな質感と藍の色彩をクロスオーバーさせて、
素朴で力強い、なによりも温もりが伝わる染付磁器を作りたい。
そんな思いで作った器ばかりです。
どの器も末長く使っていただけたら幸いです。
皆さまのお越しをこころよりお待ちしております。ぜひお立ち寄りください。
※窯場では秋の陶器市を予定しております。
(2012.04.17)
陶器市会場周辺図
◆セレクトショップ貴好人(きこうじん)
 西松浦郡有田町上幸平1-1-4 TEL : 0955-25-9877
◆皓洋窯 陶器市特設会場
 ※詳しくはお電話にてお問合わせください。TEL:0955-42-2762
▲ページの先頭へ戻る
耳付小鉢ミニ
〜新商品のご紹介 耳付小鉢ミニ〜
耳付小鉢ミニ
以前ホームページでも少しお伝えしましたが、耳付小鉢に小さいサイズが仲間入りしました。
デザート、和え物、おつまみなどにぴったりなサイズで取手がアクセントとなっています。
わが家でも使用頻度が高く、4寸サイズの丸皿と合わせてカップ&ソーサーとしても使っています。
いろいろな柄を展開しており、来月開催される有田陶器市2012に出展されるお店でも販売される予定です。
今年の有田陶器市も例年通り、4月29日〜5月5日のゴールデンウィークに開催されます。
4月に入ると町中も陶器市に向けての準備が始まり、有田の町も一年の中で一番の賑わいとなります。皓洋窯のお店は来月のお知らせでご案内しますので、どうぞお楽しみに。
(2012.03.21)
〜有田陶交会九陶展〜
先日、県立九州陶磁文化館にて有田の窯元による九陶年次展を行いました。
今回は「カタ〜SHAPE & STYLE〜」をテーマに、各窯元でそれぞれ製作展示をしました。
皓洋窯では、ボールの型を作り、一つの型からいろいろな形(カタチ)に変えて、器に様々な表情を出すことで、普段の機能性等を重視した器づくりとは違う挑戦となりました。
有田焼は2016年に400年の歴史を迎えます。大切に受け継がれてきた有田の伝統を大事に残しながら、時代に合ったもの作りを続けていきたいと思います。
(2012.03.21)
有田陶交会九陶展
 
有田陶交会九陶展
▲ページの先頭へ戻る
桃の節句
〜桃の節句〜
毎日寒い日が続いておりますが、有田でも
久しぶりに雪が積もりました。
桃の節句でもある3月3日はもうすぐです。
さっそく我が家でもお雛さまを飾りました。
少しだけですが春の訪れを感じます。
皓洋窯でもお雛さまの額皿の出荷が時期を迎えております。額皿にはお子様のお名前を入れる事も出来ますので、初節句などの贈り物にも最適です。厳しい寒さが続きますが、春がすぐそこまで来ているように思います。
写真のそば猪口は、お茶・コーヒー・紅茶やお酒などフリーカップとしてもお使いいただけます。またマルチ小皿はちょっとしたお菓子やおつまみを入れて、フリーカップの横に添えていただくことができます。
今回は、桃の節句にちなんで有田町のお隣、長崎県の郷土菓子である桃カステラとひなあられを添えました。
(2012.02.22)
 
皓洋窯外観
桃の節句
桃の節句
 
桃の節句
〜2012年 新春展示会〜
先日、業者様向けの新作展示会が行われました。
皓洋窯からは、蓋付きのマグッカプ・そば猪口、菊割小鉢などの新作商品を展示致しました。
カップの蓋は、蓋としての機能だけでなく、スプーンや角砂糖、チョコレートなどを置いていただくこともでき、そば猪口を使う際は薬味入れにも利用できるマルチな小皿になります。
(2012.02.22)
新春展示会
 
新春展示会
▲ページの先頭へ戻る
年始のご挨拶
〜年始のご挨拶〜
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
今年は今までよりも、一つ一つの商品に対してより深く追求したもの作りを目指していきたいと思います。また、楽しい食卓の時間として、いい空間づくりができる様な器を作っていけるように努めてまいります。
今年も皆様にとって幸多き年でありますようお祈り申し上げます。
(2012.01.11)
〜おせち料理〜
今年のお正月も家族でゆっくり過ごす事ができました。年末は頂いた手打ちそばを食べて、翌元日にみんなでおせち料理を頂きました。
2012年も健康で元気な一年にしたいと思っております。
(2012.01.11)
おせち料理
▲ページの先頭へ戻る